じゃんけんは全敗でした

‪今日はアーツカウンシル東京で開催されている、アーツアカデミー2回目でした。

1回目で教えて頂いた内容を自分の現状や課題等に落とし込む宿題がありました。その内容を元に、なんと、3名の講師の方と1人づつ3回、時に同じテーブルの他のメンバーの方も交えてお話し合いします。それがなんと、同じテーブルに座られた方(私のテーブルは私含めて4名)全員分、なので、後から考えると、4つの活動内容を3回、全部で12回分のお話合いでした。(テーブルは3つ、生徒は11名。講師の方々はそういうのがお仕事なのかとは思いますが、それにしてもとってもタフな講座だしタフな講師の方々だと思いました)

講師の方のティーチングや問いかけ、寄り添い方は三者三様で、色んな視点やご質問やご意見から、自分の活動について考えるヒントが得られました。

また、他の方々の活動と課題や現状は、知らないことも多く、知りたかったことも多く、共感する想いもあれば全く思ってもみなかった気づきもあり、大変勉強になりました。

テーブルのメンバーは毎回あみだくじで決まります。今日は、小劇場演劇、音楽ワークショップ、パントマイム、マルチリンガル演劇、という違う分野のメンバーで、立場も様々でした。色んな話が出ましたが、後から考えると、それぞれの活動で、それぞれの考え方で、それぞれターゲットとなる人を幸せにしたい、という思いが共通でした。それはべつに、このテーブルのメンバーに限らない、舞台芸術、芸術に限らない多くの方の色んな活動のモチベーションになっていることだと思いますが、、共通だなぁって思いました。

そうそう、話し合いの順番や、最後感想を言う人とかは、じゃんけんで決めました。2回じゃんけんしました。

全敗でした。2回とも。 そんな弱かったっけな、、いや、たまたま、だと思うんですよね。たぶん、たぶん、、、今度お会いする方、よかったら、じゃんけんお願いします!

話がそれましたが、

様々なアプローチがあり、どこからどんな風に手をつけていって、どうなるのが自分にとって良いのかという事を明確にわかりやすく言葉にすることは大事で、それを違う分野の方や新しい視点から見てもらって、自分の文章やもともとの活動のわかりづらいことを教えていただいたり、いろいろな考えの種類を得たり深めたり出来る機会はとても貴重でありがたい体験です。

次回までにしっかり復習して、いくつかのことを調べてみたりなどして、勉強させていただいたことをきちんと自分のものにして行こうと思います。

Posted by olivemime