ファンタスティックドールより、Stayhomeなみなさまへ

We hope that you will spend a little more time with StayHome from the Japanese doll performance unit “Fantastic Doll".

パーツイシバプロデュース、ダンサー・パフォーマー・マイムアーティスト・朗読家などで構成されている人形振りユニット「ファンタスティックドール」より、人形振りの動画をお届けします。それぞれの個性あふれるドールパフォーマンスをお楽しみください。

StayHomeのお供に、少しでも優しい時間を過ごしていただけたら幸いです。

出演:ファンタスティックドール 碧ルナ、アンティークドール円花、Karen、角田幸子、野中さくら、柚希かおり、オルゴール人形オリーブ

語り・脚本:角田幸子

企画:オリーブまちこ(パーツ・パフォーミングアーツ)

昨日UPした、この動画。たくさんの方にご覧いただき大変うれしく思います。なにかできないかなぁ・・・そうだ、こういうのはどうかな?よかったらお願いします!と、ファンタスティックドールのみなさんにおねがいしたところ、結構タイトな日程の中、数名のファンタスティックドールが、観てくださる皆様への愛と想いをこめて、それぞれの場所から人形振って、送ってくれました。

人形振り、は幅広くて、パントマイムはもちろん、バレエ、歌舞伎など、もともと色々な表現やメソッドがあります。ファンタスティックドールの今回の人形振りは、それぞれの表現のベースをもとに自由に自分の追求するお人形を表現しています。

野中さくらちゃんは、舞台女優の演技とマイムの表現で、ほっこりする温かいお人形、観た人が思わず元気になってしまうようなあたたかいふしぎな力があるように思いました。柚希かおりちゃんは、キャンドル(よく見ていただくとわかるのですが、本当の火だと思います)と共に柔らかなコンテンポラリーダンスで、希望を与える女神みたいなように私は感じました。アンティークドール円花ちゃん(リリーちゃん)は、絵画がたくさん置かれた部屋で、バレエの身体を生かしたクロックワークな人形振りで、大きな動きとしっかりしたストップ、不思議でマイペースな感じにオーラを感じました。カレンちゃんは、パーツさんの人形振りメソッドを忠実に、ショーウィンドウのようなディスプレイの中で可愛いお人形で、繊細な、でも堂々とした佇まいの、アンティークなガラス細工のようでありました。碧ルナちゃんは、開放感のあるロケーションで、ストップのきれいな人形振りから、マイム、きれいなターンとダンスで凛としつつ伸びやかなお人形で、編集する中で何回も再生して本当に元気がでました。そして、朗読家であり、ファンタスティックドールの一員である角田幸子さんが、すてきなストーリーの言葉を創って、語りを送ってくれました。私にはこの言葉選びはできなくて、ほんとうに、とっても感謝しています。

イベントが中止になり、舞台が中止になり、皆でのお稽古も自粛になって、ちょっと私自身もしょんぼりしている部分が心のなかに確かにあったのですが、なんか、動画の編集をしながら元気が出てきました。遠くでも一緒に人形振りをしているような気持ちになりました。そして、動画を見たよ、またイベントが再開されたら観に行くよというお客様のコメントをいただいて、がんばらなきゃな、と思いました。

Posted by olivemime